ダンバインDVD-BOXはここが安い、聖戦士ダンバインの全てを

聖戦士ダンバイン・ストーリー

聖戦士ダンバイン・ストーリー

 物語は陸と海の間にあり、
輪廻する魂の休息と修練の地であるという、
バイストン・ウェルを舞台に始まる。

通常は意思によってバイストン・ウェルと
地上を行き来することは出来ないが、
バイストン・ウェル側からフェラリオと呼ばれる種族の
力により召喚されるか、自らのオーラ力をもって
オーラロードを切り開くことで往来が可能となる。

バイストン・ウェルには、コモン(人間)
と呼ばれる種族の国々がある。

バイストン・ウェル制覇を目論む、
アの国の一地方領主ドレイク・ルフトは、
捕獲したエ・フェラリオのシルキー・マウを使い、
ロボット工学者である地上人ショット・ウェポンを召喚し、
新兵器の開発に取り組ませた。

ショットは、オーラ力と呼ばれる生体エネルギーによって
駆動するオーラマシンを開発、
初めて「機械」がバイストン・ウェルに誕生した。

当初は馬に代わる移動手段でしかなかったそれは、
徐々に戦闘へと利用領域を拡大し、そしてついに、
巨獣の甲殻を装甲とし、内蔵された人工筋肉を
電子制御によって駆動する、
人型兵器オーラバトラー・ダンバインへと発展していった。

己が野望の成就をより確実なものとすべく、
ドレイクは新たにトッド・ギネス、トカマク・ロブスキー、
そして主人公であるショウ・ザマの3人を、
コモンとは比較にならない強力なオーラ力を持つ
地上人が搭乗することによって、
比類なき高性能を発揮する3体の新型オーラバトラー
・ダンバインのパイロットである「聖戦士」として召喚した。

ショウは突然の異世界に戸惑いながら、
言われるままに対抗勢力であるギブン家との戦闘を重ねていたが、
ドレイクの真意を知りダンバインとともに出奔、
オーラシップゼラーナを指揮するギブン家の長男、
ニーの下に身を寄せる。

ドレイクは、オーラバトラーやその技術を他国に輸出することで、
莫大な軍資金を得た。

結果として他国もオーラバトラーをはじめとする
オーラマシンを手に入れ、
戦火はついにオーラマシン同士によるものへと拡大し、
戦乱はバイストン・ウェル全域に広がっていった。

物語後半は、我々の住む地上界に舞台を移してストーリーは展開される。

また、主役機が交代し、新型オーラバトラー・ビルバインが、
主人公ショウの愛機となって活躍する。

異世界での戦いの中で、真の正義を求め続ける
「聖戦士」ショウ・ザマの成長を追いながら物語は進んでゆく。

                        参考 ウィキペディア



聖戦士ダンバインちょっと見てみる


ダンバインDVD-BOXトップへ6。
posted by ダンバインDVD-BOX at 16:29 | ダンバイン
ダンバインDVD-BOXはここが安い、聖戦士ダンバインの全てを
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。